お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7720)ソキアの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/27 08:20】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7720)ソキア
【  】
測量機最大手。光波距離計で先駆。工業用測定機に多角化。
国内外の販売網を再編強化。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥21,421 ¥22,623 ¥21,974
経常利益 ¥632 ¥1,218 ¥1,700
経営安全率 7.42% 13.74% 18.43%
流動比率 164.37% 157.72% 250.74%
自己資本比率 32.89% 39.97% 47.61%
総資本経常利益率 2.33% 4.23% 6.34%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


「経営安全率」
 売上高対営業利益率は5.2→6.2→6.6%と上昇を見せている。
 ただ、原価比率販管費比率の双方で
 圧縮の動きがあいまい。結果論として拡大している、という形だ。

 その状況を如実に表しているのが、支払利息なのかもしれない。
 圧縮傾向なのは間違いないが、経常利益に対しては10%強の
 押し下げはいまだ健在。収益のシステムが未熟なのは明らか。


■潜在能力を生かせていない!「総資本経常利益率」
 2006年3月期に、「儲け力」は基準値の5%を突破。
 経営努力のたまもの・・・といいたいところだが、元々
 それくらいの潜在能力は十分に備えている状態だったと
 いうこともいえる。
 厳しく言えば、半歩下がった状態がまだ続いている。


■資金繰りに変化か!?「流動比率」
 元々、基準値をキープしていた流動比率が大きく上昇。
 その大きな要因は、短期借入金の大幅圧縮によるもの。

 疑問に思えるのが、今までかなりの「即金力」を常時
 備えながらそちらではなく、短期借入金を大いに
 活用していた点。

 う~ん、実に不思議だ。。。


剰余金倍化、借入金半減「自己資本比率」
 2004年3月期から2006年3月期の間に、剰余金を倍額に
 積み上げ、総借入金を半分近くまで圧縮させた。

 これによって自己資本比率は50%目前までに上昇。
 資本合計に対する総借入金は110%→45%と安全性が増した。


■社内体制が固まってきたか!?
 2005年3月期を境に、財務面の管理体制が大きく変化している
 ことが決算書の推移からうかがえる。

 反面。収益面に対しては、まだふらついている部分があり、
 一刻も早く足元が固められることを期待したい。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 ソキアのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。