お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7714)モリテックスの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/27 20:45】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7714)モリテックス
【 もりてっくす 】
光ファイバー技術に強み。半導体製造装置向け光部品や
画像処理機器など製造。バイオ機器も。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥13,912 ¥14,616 ¥14,765
経常利益 ¥659 ¥256 ¥402
経営安全率 15.57% 5.24% 7.99%
流動比率 150.12% 164.31% 180.06%
自己資本比率 52.01% 49.93% 54.12%
総資本経常利益率 4.65% 1.67% 2.43%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


「経営安全率」
 売上高対営業利益率が4.0→1.1→1.4%と大幅に苦戦中。
 原価比率が4%近い圧縮と貢献しているのに対し、
 6%強と、販管費比率がチャンスを打ち消している。
 人件費の高騰が利益にマッチしていないようだ。

 また、営業減益の影響で支払利息を含む営業外費用の
 影響力が大きく上昇!額面的にも支払利息の上昇は痛い。


■転落。這い上がれるか!?「総資本経常利益率」
 「儲け力」も、2005年3月期は一気に超低空域へと転落。
 2006年3月期は回復傾向も、企業規模の半分ほどのパワーにさえ
 及ばない。這い上がれるか!?


■流動性高いが、構成がボロボロ「流動比率」
 流動比率は基準値を上回りつつ、さらに上昇中。
 本来ならば、コレだけで小躍りしたくなるが、肝心の中身は
 大問題!

 流動資産の構成だけでも
  ・「即金力」が流動資産全体の20%未満を継続中
  ・未回収金、棚卸資産が80%に肉薄している
  ・売上金の回収能力が着実に低下している
 ・・・といったかんじ。

 みせかけの指標であることに御注意を。


■横ばい?実質悪化!?「自己資本比率」
 剰余金の積み上がりが鈍い状態を、増資でカバーして
 自己資本比率をキープしている。

 総借入金の額面的増額も見られ、50%を示すだけの
 実安全性には、いささか疑問が。。。


■もっと行動を正しましょう!
 決算書の内容と、決算短信に記された経営理念の不一致さは
 読んでいただければすぐに分かるかと。
 さらには、2006年度早々に個人情報の管理面において
 事件を起こしており、ますます文章に疑いのまなざしが。

 いくらかっこいい言葉で取り繕っても、その行動が伴なって
 いなければ、こっけいにしか見えない!




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 モリテックスのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。