お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7701)島津製作所の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/11/30 08:28】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7701)島津製作所
【 しまづせいさくしょ 】
総合精密機器メーカーで医用機器・航空機器にも強い。
半導体・液晶関連、バイオ・環境を育成。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥217,940 ¥233,558 ¥242,638
経常利益 ¥11,872 ¥17,345 ¥18,320
経営安全率 14.24% 19.11% 20.01%
流動比率 154.10% 161.37% 198.31%
自己資本比率 33.53% 36.79% 46.98%
総資本経常利益率 4.63% 6.60% 6.61%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


「経営安全率」
 売上高対営業利益率が7.7→8.8→8.6%と一幅拡大か?
 2006年3月期は原価比率の高騰が利幅の拡大を阻んでいるが、
 販管費比率の圧縮が実を結んで下げ幅を最小限に食い止めた。

 支払利息に関しては、順調に圧縮が進み、影響力微少。  ただし、  がどうにも抑えきれず、無駄な支出は  経常利益の18%を押し下げている。

■もうヒト伸びの素質はあるが。「総資本経常利益率」
 「儲け力」は、基準値を突破し、6%台を確保している。
 ただ、無駄な支出分を考えると、もうヒト伸び分を
 みすみす手放しているようで、なんとももったいない。


■決して指数どおりの財務バランスではなく。「流動比率」
 流動比率は年々上昇しており、基準値を大きく上回るまでに成長。
 ただし流動比率を見ると、売上金の未回収と棚卸資産の双璧が
 全体の77%を常に占めており、「即金力」は心もとない。

 短期借入金の圧縮による流動負債の圧縮が、唯一の好材料か?


■借入金圧縮で安全性向上「自己資本比率」
 2006年3月期は、自己資本比率がついに40%を突破。
 着実な剰余金の積みあがりと、総借入金の圧縮が成果を出した。

 ただ、剰余金は実キャッシュを考慮すると少々割り引きの評価。
 総借入金の圧縮が最功労者(?)といえよう。


■【内なる課題を見出せていないこと】が課題
 収益の拡大を推し進めるために、生産コストの削減と、海外市場
 のシェア拡大を目指しているようだ。
 だが、システムの見た目や、今後伸びそうな国に目が
 行き過ぎて肝心な部分に気が向いていないのでは?

 毎期計上される棚卸資産処理損と、増加するばかりの
 棚卸資産。
 内なる部分の課題が山住のようだが、お気づきか?!




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 島津製作所のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。