お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7631)マクニカの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/12/01 18:45】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7631)マクニカ
【 まくにか 】
技術力誇る半導体商社。大手エレクトロニクスメーカーが主取引先。
米国シリコンバレーと密接。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥100,450 ¥119,719 ¥147,125
経常利益 ¥3,731 ¥4,490 ¥4,757
経営安全率 24.48% 24.14% 22.17%
流動比率 278.91% 318.84% 257.76%
自己資本比率 67.57% 69.68% 59.06%
総資本経常利益率 5.30% 6.12% 5.35%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


「経営安全率」
 売上高対営業利益率は4.0→4.6→3.7%と反落か?
 2006年3月期は原価比率が大きく高騰したことが原因。
 販管費比率の圧縮は小幅も、順調に進んでいる。

 残念なのが、支払利息は微少に抑えているものの、営業外費用
 としては【棚卸資産廃棄損】と【商品評価損】、【債権譲渡損】が
 大きく足を引っ張っていること。
 その額も影響力も膨らんでいる点は要注意か。


■無駄な支出が痛い!「総資本経常利益率」
 「儲け力」は基準値ラインを下回らないように5%をキープ。
 だが、営業外費用分が2%近いパワーを奪っており非常に
 もったいない。


■回収能力に疑問「流動比率」
 流動比率は250%オーバーと、魅力的な数値を持っている。
 それなのに支払余裕比率37%。コレは低い。

 実は見た目では売上金の回収能力は向上しているのだが、
 『総合的なお金の回収能力』は低下している。
 (このあたりは、各自で実際に流動資産の詳細を分析していただきたい)

 また、棚卸資産の圧迫は数値どおりの圧迫傾向を示している。


■負債総額が減らせない!「自己資本比率」
 剰余金の積み上がりはきちんと進んでおり、資本合計に対する
 総借入金の手綱さばきもしっかりと行なわれている。

 ところが資産拡大のために、負債がどんどん膨張している。
 その結果、2006年3月期は自己資本比率は60%台を割りこんだ。


■足元の問題点には目もくれず・・・?
 営業外費用やバランスシートの推移を見る限り、お世辞にも
 順調な足取りには見えない。

 決算短信では技術開発と国外市場の開拓へばかり目がいっており、
 資金回収能力、棚卸資産管理能力などの「目に見える問題」には
 全く触れていない。

 経営陣は、きちんとリスク管理能力を磨いているか?




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 マクニカのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。