お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7627)なか卯の決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/12/02 14:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7627)なか卯
【 なかう 】
05年ゼンショー傘下に。
親子丼・うどんが柱の小型和食店運営、牛丼メニュー再開。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥17,457 ¥17,578 ¥17,914
経常利益 ¥11 ¥385 ¥930
経営安全率 0.11% 3.60% 8.37%
流動比率 66.63% 55.78% 59.26%
自己資本比率 17.59% 12.13% 18.97%
総資本経常利益率 0.13% 4.05% 12.05%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


「経営安全率」
 売上高対営業利益率が0.4→2.6→5.2%と危機は脱したか?
 原価比率は40.3→39.5→37.9%と2.4%の圧縮、
 販管費比率が59.1→58.3→56.7%と同じく2.4%の圧縮だ。

 営業利益の増加に伴ない、経常利益に対する支払利息
 影響力は大幅に低下(88.1→7.0%)。
 ただし、額面的な圧縮とは言いがたく、予断は許されないかと。


■売上高は大きく伸びずとも。「総資本経常利益率」
 「儲け力」が着水寸前から、大きく上空へ放たれた!

 5%近い営業コストの削減と、ムダに身につけた資産を
 削った結果が、売上高の伸び以上に大きく効果を上げた!


■未だ固定資産は大きな足かせ。「流動比率」
 流動比率は50%台と、余裕のない流れであることが明らか。
 とりあえずは棚卸資産の回転率と、売上金の回収スピードが
 その状況の助けとなっている。

 一番厳しいのは固定資産が重すぎること。
 固定比率が400%近く、固定資産の整理が
 うまく行っていない。


「自己資本比率」
 2005年3月期に剰余金がマイナスに転じたが、翌期に復帰。
 ただし資本合計に対する総借入金は3.5→5.3→2.8倍と
 推移しており、未だ予断を許さない状態。


■新体制で九死に一生を得た、が。
 ゼンショー傘下に入ることで、状況は一挙に改善方向へ。
 とはいえ、良化されたのは現場の営業体制の限られた範囲で、
 社内の財務面での課題は依然、置いてきぼりの状態に
 見える。

 特に固定資産の見直しは、稚拙さがうかがえる。
 「身の丈にあった経営」
 それが出来ず、背伸びをしたままの経営をしている。




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 なか卯のHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。