お値打ち株を探せ! 決算書分析のブログ

優良企業を見つけ良質な投資を!決算短信を用いて各上場企業の決算書分析結果を随時UP中♪貴方のお気に入り銘柄を、ゼヒ見つけてください!

決算書分析優良企業
(ブログ)を目指します!

トップスポンサー広告

スポンサーサイト

スポンサー広告【--/--/-- --:--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



△TOP△| | |

トップ決算書DE企業分析!

(7620)ヤマトマテリアルの決算書分析

決算書DE企業分析!【2006/12/03 17:30】

決算書分析済み銘柄リストへ




(7620)ヤマトマテリアル
【 やまとまてりある 】
食品・化粧品等のガラス・プラ容器の商社。
エレクトロニクス関連に展開中。リサイクルも強化。




2004~2006年3月期の財務諸表分析はこちら。
  '04/3期 '05/3期 '06/3期
売上高 ¥15,590 ¥17,209 ¥10,071
経常利益 ¥501 ¥599 ¥187
経営安全率 33.94% 38.28% 15.30%
流動比率 129.06% 145.82% 159.96%
自己資本比率 32.48% 37.10% 40.67%
総資本経常利益率 5.72% 7.95% 2.64%
(注:金額欄は百万単位)
損益計算書に関する指標の詳細
バランスシートに関する指標の詳細


「経営安全率」
 売上高対営業利益率が3.1→3.4→1.7%と半減に!
 原価比率の2%圧縮に対し、販管費 比率が5%
 と約2倍増!・・・40%オーバーの、大幅な減収が響いた。

 営業利益の大幅減額にもかかわらず、支払利息が経常利益を
 脅かさなかったことだけが唯一の救いか。


■成長気流から起動が外れた!?「総資本経常利益率」
 「儲け力」も、8%目前まで手が伸びていたところを
 足を踏み外したかのように、一気に転落。

 今後「儲け力」の回復は望めるのか!?


■不採算事業・向上の撤退効果は果たして?「流動比率」
 流動比率はジリジリと上昇を続けており、ついに150%を突破。
 流動資産を覗いてみると、「即金力」が着実に高まり、
 売上の未回収金が減少傾向と、良い方向へ。

 反面、流動負債は仕入れの支払能力に大きな課題が残ったまま。
 総資産の40%近くが仕入れの未払い金に相当するのだから、
 たまらない!


■見た目相応の安全背は確保。「自己資本比率」
 2006年3月期は、自己資本比率が40%台に到達!
 実キャッシュとの兼ね合いからして、数値どおりの
 安全性と受け止めてよいかと。

 総借入金も資本合計の12%程度と、しっかり抑えている。


■不採算事業の撤退できても、販管費にメスが入らない。。。
 2006年3月期は、不採算事業の撤退・それに伴なう工場閉鎖など
 内部的改革を進めていたようだが、その結果は。。。

 財務バランスが変化することは予想内のことであると思うが、
 収益面で、営業コストに関しての考察はなかったのだろうか?

 決算短信内で、その辺りが不透明であり、不安を拭えないが・・・




割安か?割高か?Infoseekマネーでチェック!


 ヤマトマテリアルのHP
スポンサーサイト



△TOP△| | |

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

tanezeniデスッ
自己紹介はこちらにあります

金運がアップしますように♪

日経マネー'06/11月号
P.78に掲載していただきました


【自分の力】でお値打ち銘柄を
見つけたい方へ

バックナンバーの取り寄せも可能!


最近のコメント

カレンダー

google pagerank  

FeedBurner   はてなRSSに追加

リンク集

















トラックバック

Message

▽メッセージをどうぞ♪▽

名前:
メール:
件名:
本文:



△TOP△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。